Homescanによる家計消費データの特徴

Consumption Data Based on Homescan -Comparisons with Other Consumption Data-

2012/07/25

著者 (所属)

Author (Affiliation)

要旨

 マーケティング会社が作成しているHomescanの支出データと、家計簿ベースの家計調査、および記憶ベースのパネルデータを比較し、Homescanベースの支出データにどのような特徴があるか考察した。また、Homescanが日次の数年間にわたるパネルデータであることを利用し、家計消費データの時系列的特徴も分析した。その結果、Homescanによる支出データは、イギリスにおける先行研究と同様に、25%から30%程度、家計簿ベースのデータと比較し水準は低いが、支出の年齢や就業状態等への依存パターンや変動係数は家計簿ベースのデータとほぼ同じであることがわかった。時系列情報を利用した分析では、(1)支出の季節性変動パターンは家計間で大きく異なること、および (2)月次支出データの変動は恒常所得モデルが想定しているよりも大きいが、年次支出データは非常に安定しており、恒常所得モデルと整合的な性質を有することが明らかになった。

Abstract

 This paper compares the consumption data based on Homescan provided by a marketing company (SCI) with other standard consumption data. We find that the level of expenditure recorded by SCI is smaller than the record based on diary data such as Family Income and Expenditure Survey (FIES) by 25-30%, which is consistent with a previous work in the United Kingdom. The paper also finds that the relationship between expenditure and household characteristics such as age and labor status are similar between SCI and FIES. Time series characteristics of SCI are also reported.

PDF

Full Text

Bibliographic information

Vol. 61, No. 3, 2010 , pp. 224-236
HERMES-IR(一橋大学機関リポジトリ): https://doi.org/10.15057/21440
JEL Classification Codes: C81, D12