公的年金と子育て支援―出生率内生化モデルによる分析―

Social Security and Childcare Allowance in a Model of Endogenous Fertility

2012/04/25

著者 (所属)

Author (Affiliation)

要旨

 公的年金はいわば「親孝行の社会化」のための仕組みであり,その制度が充実すると老後の私的扶養を子供に期待する必要が弱まり,資本財としての子供に対する需要がその分減少する.それによって子供数が減少するとすれば,公的年金はその財政的な存立基盤を自ら弱めることになる.本稿では,公的年金に内在するこうした自己否定的な特徴を念頭に置いて,出生率を内生化するとともに,子供から親への所得移転を考慮に入れた単純な世代重複モデルに基づいて,公的年金の持続可能性を保証する方策の方向性を検討する.  本稿の分析によれば,出生率の累積的低下を回避して公的年金を持続可能にするためには,公的年金の規模を一定の水準以下にとどめる必要がある.また,子育て支援の導入は公的年金の上限規模を引き上げ,個人の効用を高めることが期待できる.本稿ではさらに,公的年金と子育て支援の最適な組み合わせについても議論する.

Abstract

 Old-age social security tends to be unsustainable in nature in that it reduces individuals' demand for children as a measure to support their old age, which in turn undermines the financial base of social security. Using a simple overlapping-generations model with endogenous fertility and income transfer from children to parents, we discuss the maximum size of a pay-as-you-go social security program that can prevent a cumulative reduction of fertility and make the program sustainable. We also show that childcare allowance raises the maximum size of the program and raises an individuals' lifetime utility, and derive the optimal combination of social security and childcare allowance.

PDF

Full Text

Bibliographic information

Vol. 61, No. 2, 2010 , pp. 126-136
HERMES-IR(一橋大学機関リポジトリ): https://doi.org/10.15057/21978
JEL Classification Codes: H31, H55