産業集積と労働市場 ――労働プーリングを通じた集積効果――

Labor Pooling as a Source of Industrial Agglomeration —The Case of the Japanese Manufacturing Industries—

2014/07/25

著者 (所属)

Author (Affiliation)

要旨

 本稿の目的は,労働市場を通じた産業集積の効果について実証的に明らかにすることである.企業の集積による労働プーリングは事業所固有ショックに対応した各事業所の雇用調整によってローカルな賃金が変動するのを緩和することを通じて企業の期待利潤の上昇に寄与することがこれまで示されてきた.本稿では日本の工業統計個票を用いて産業ごとに企業固有ショックの大きさを測定し,それと集積との関係について実証的な検討を行った.その結果,企業固有ショックの増大は統計的に有意に産業の集積を促進することが示され,その効果はその他の集積要因の制御や,推定式の特定化について頑健であることが示された.このことは,産業集積のベネフィットの一つとして労働プーリングを通じた企業利潤上昇効果が存在することを示唆する結果といえる.

Abstract

 This paper empirically investigates the role of labor pooling in the agglomeration of manufacturing industries. Theoretically, it is shown that agglomeration of workers positively affects on firms' profits by assuring smooth employment adjustment when they are faced with idiosyncratic shocks. Hence, it is expected that there is positive association between the extents of agglomeration of industries and the magnitudes of idiosyncratic shocks. In this paper, we make the index of labor pooling by calculating the volatility of each industry's employment, and investigate the relationship between this index and the agglomeration index. Positive correlation is found, and it is robust even controlling for other agglomeration sources.

PDF

Full Text

Bibliographic information

Vol. 63, No. 3, 2012 , pp. 227-235
HERMES-IR(一橋大学機関リポジトリ): https://doi.org/10.15057/25862
JEL Classification Codes: R10, J23