インド,パキスタン,バングラデシュにおける長期農業成長

Long-term Agricultural Growth in India, Pakistan, and Bangladesh

2012/04/25

著者 (所属)

Author (Affiliation)

要旨

 本稿は,インド,パキスタン,バングラデシュ3国における農業の成長パフォーマンスを,20世紀初めからの約100年にわたって比較分析した.実証結果からは,(1)1947年の分離独立後にそれまでの長期停滞が持続的成長に変化しており,その変化は1960年代末以降の「緑の革命」よりも早く生じていること,(2)農地の外延的拡大の貢献は20世紀後半には小さくなり,代わって農地の生産性向上が成長の源泉となったが,その中身も,多期作・多毛作化から作付面積当たりの生産性向上に移行していること,(3)成長率の水準で3国を比較するとパキスタン農業のパフォーマンスがトップであるが,1947年の分離独立や1971年のバングラデシュ独立の前後で成長率がどう変化したかによって3国を比較するとバングラデシュ農業におけるパフォーマンスの改善が顕著であること,(4)作付面積当たりの生産性向上には,より収益性の高い作物へのシフトというこれまであまり定量的に明らかにされていなかった要因が存在したこと,などが明らかになった.

Abstract

 This paper investigates the growth performance of agriculture in India, Pakistan, and Bangladesh in the twentieth century. The use of unusually long-term data that correspond to the current borders for the period 1901-2002 distinguishes this study from the existing ones. The empirical results show a sharp discontinuity between the pre- and the post- independence periods in all three countries: growth rates in total output, land productivity, and labor productivity rose from zero or very low figures to significantly positive levels, which were sustained throughout the post-independence period. The improvement in aggregate land productivity explained the most of this output growth, of which approximately one third was attributable to shifts to more lucrative crops.

PDF

Full Text

Bibliographic information

Vol. 61, No. 2, 2010 , pp. 168-189
HERMES-IR(一橋大学機関リポジトリ): https://doi.org/10.15057/21982
JEL Classification Codes: O13, O47, Q15